カラフル*ミズタマ

粘土を日々こねているこねこねネンド人の一服のブログ。

山暮らし3年生①

こんばんは!

カラフル*ミズタマのトモです~。

わたくし、もうすぐ田舎に引っ越して3年がたちます。

今回は、田舎に行くまでの私、というようなお話をしてみます。

 

そうだ!田舎に暮らそう!

 

 いえ、別に思い付きで引っ越したわけではないのですが、行動的にはそんな感じw

もともと、埼玉県生まれの埼玉県育ち。埼玉!田舎やないか~い(ルネッサ~ンス♪)的なツッコミありがとうです。

確かに、周りは田んぼ、学校の周りも田んぼ。(今は大分減っちゃったけど・・・)

でも、どちらかと言うと東京に近い市で、電車で45分もすれば新宿に行けちゃいました。足立区なら20分?

そんな私の憧れは「夏休みに行く田舎のおばあちゃんち」もうそれに尽きる。

夏休み明けの友達の話にうっとり!!

川遊び、蛍の話、山、山、山・・・

もう羨ましい~~~!!

おばあちゃんと同じ家に住んでいる私には田舎のおばあちゃんちはござんせん。

ふつふつと田舎熱が私の中に住み続けました。

しかし、現実的にじゃあ田舎に引っ越そうってなかなか難しい。

絶対的に生活出来なければ無理。

生活=お金=仕事

そんなこんなで、憧れは抱きつつも「いつか」とか「いずれ」の話になってました。

 

都会の暮らし

 

 そんな傍から見ると病んでるのか?的な田舎に憧れる私は、20代で実家を出て東京の練馬区に引っ越しました。この後2回引っ越しして3回とも練馬区だったのにはちょっと浅からぬ縁を感じますね~。練馬区は賃料が安いw

練馬区で10年(歳がばれますね~)。

会社への通勤などで感じたことは、「自然がねえええええ(無い)」でした。

季節の移り変わりを感じる花や植物は、誰かの家の庭にかろうじて感じるぐらい。コンクリートで固められた地面には雑草すら生えていない。。。

聞こえる音は車のエンジン音、どこかの工事音、夜にひびくヒールの音。。。

段々、ナンダロウコレハ・・・

って疑問が自分の中に渦巻きました。

このままずーーーっと、絶え間ない人口的な空間で生きていくの?

このころになると、雨が大好きになってました。

雨の日は窓の近くでぼけーっと音を聞く。雨は全ての音を包みこんで、静かに静かに降り注ぐ。

でも☆

カミナリは昔から大好きでよく窓辺で眺めておりやした。台風でわくわくするのは気圧の関係でなるものだから、子供だからとかってわけじゃないんだゾ。

ちょっと文面だけ見ると何か都会の暮らしに疲れ、癒しをもとめている感がハンパないですね。。。

さて、そんな私がどうして田舎に引っ越せたのか?は次回②でお伝えします!!

 

*new*

【A】揺れる紫陽花とリボンのピアス/イヤリング

ショップページ

f:id:colorful-polkadot:20170607191041j:plain

 

落ち着いた色合いのブルーの紫陽花です。

3つの花を並べてお花畑をイメージして束ね、ワイヤーのリボンを添えて花束のように仕上げました。

 

 ネットショップ「colorful polkadot」オープン記念セール☆

2017年8月末日まで全品10%OFF&お買い上げ3000円以上で送料無料です☆

colorful polkadotショップページでお買い物のご決算時にクーポンコードを入力してください。

クーポンコード:DOKIDOKI

cpolkadot.theshop.jp